スポンサーリンク

内祝いとは?

内祝いは幸福の分配

内祝いとは本来、家庭内でなにかおめでたいことや、よろこばしいことがあったときに、その記念として親しい人びとに贈り物をする行為を指します。祝日やお祭りのような国民規模や地域規模のお祝いごとではなく、就職や結婚、新築、開店など、ごくごくプライベートな「内々のお祝い」が内祝いというわけです。

しかし現在、内祝いは、それら私的な慶事を祝ってくれた方にお返しをする行為であると一般に認識されています。つまり、いまの内祝いは「内祝いをすべき出来事へのお祝いに対するお返しが内祝い」なのであり、なんともややこしい意味合いになってしまっています。

しかし、なんにせよ内祝いは、いただいたお祝いにお返しをするのに絶好の機会です。それは出産の内祝いも例外ではありません。

出産の内祝いは、通常、出産から1ヵ月ほど経ったころにおこないます。ちょうどお宮参りの時期にあたり、神さまにわが子を紹介するとともに、親しい人たちにも正式にわが子をお披露目しようというわけです。

その1ヵ月ほどの期間に出産祝いをくださった方々を対象に、お返しとなる物品を贈ります。単なる社交上のお返しではなく、本来の内祝いの意義のとおり、子宝に恵まれた幸福をみんなに分けてあげるという気持ちをもって、品物を選んで贈りたいものです。