スポンサーリンク

お祝い金の相場とマナー

出産祝い金の相場

出産祝いとして現金を贈りたい場合、どのくらいの金額をつつむのがよいのでしょうか。他のご祝儀と同様、特にこれと金額が決まっているわけではありませんので、なかなか悩ましい問題です。

金額は、贈る側と贈られる側、双方の年代や地位、あるいは地域など、様々な要素によって差が出てくるものですので、一番よいのは、身近な人に聞くことです。特に、これから同じ相手にお金を贈ろうと考えている人が身近にいれば、話し合って金額を合わせるのが安心です。また、自分が過去に出産祝いをもらっていた経験があるならば、その金額が参考になるでしょう。

参考までに一般的な相場を挙げますと、出産されたご夫婦の両親および兄弟・姉妹からは1万円以上、親戚からは5千円程度、友人および会社の同僚からは3千円~5千円程度となっています。友人や後輩、さらには同輩からも、あまり高い金額をもらっては困るのが普通ですので、ほどほどの額にとどめておきましょう。上司や年長者など、先輩格の立場から贈るなら、相場より少し高めにしておきたいところです。

なお、上司や年長者など、いわゆる「目上」の人に贈る場合、現金をそのまま渡すのは非礼となります。ギフト券や商品券などの形に代えて贈るようにしてください。

また、金額を決める際、「死」や「苦」に通じる「4」や「9」の数字は縁起が悪いので、それらを含まない額にする必要があります。お札も、できれば汚れや折り目のない新札を用意しておきましょう。

のし袋やのし紙は、紅白の蝶結びのものを使用します。この水引は、何度あってもよろこばしいお祝いであることを意味しますので、出産祝いに最適です。表書きには「御出産御祝」または「御安産御祝」、あるいは単に「御祝」と記し、水引の下段に贈る方の名前を記入してください。