スポンサーリンク

出産祝いのマナーとは?

マナーは「思いやり」を形にするもの

新しい生命の誕生は、その両親だけでなく、周囲の人すべてにとって幸福な出来事です。身内はもちろん、友人や会社の同僚に赤ちゃんが生まれたら、ぜひ祝福してあげたいと思うものですが、正式な出産祝いの形式を知っていて、ちゃんと実践している方は意外と少ないかもしれません。

気心の知れた親しい友人であれば、さほど形式にこだわらずとも、おめでとうの気持ちを伝えることができるでしょう。しかし会社の上司や取引先、遠い親類などが相手の場合、そうは行きません。また、マナーをわきまえている人は、社会人として立派だと周囲に認められるのが世の常です。逆に言えば、最低限のマナーも守れなければ、社会的な信用にまで傷がつく恐れもあります。

こうも人間社会でマナーが重要視されるわけは、そもそも礼儀作法の多くが、相手への「思いやり」を行動で示すための方法を形式化したものだからです。人に迷惑をかけず、人を不快にさせず、思いやりをもって接するために、どう行動すべきか。その方法をわかりやすい形にして継承してきたのがマナーなのです。

出産祝いにもいくつかのマナーがあります。たとえそれらを守らないつもりでも、知っていて守らないのと、知らないから守れないのとでは、大きな違いがありますし、マナーを知ることで、出産という大事業を終えた人にはどんな「思いやり」が必要なのかを理解することができるでしょう。

家族が増えたよろこびを、お互いに気持ちよく共有させてもらうために、ぜひ出産祝いのマナーを知り、実際のお祝いに活用してみてください。