スポンサーリンク

贈り物の選び方とマナー

贈り物は相手との関係性からしぼりこむ

出産祝いで贈り物をプレゼントしたい場合、なにをあげたらいいのか迷ってしまうという方は多いでしょう。特に初めて出産祝いをあげる方や、出産祝いをもらった経験がない方は、贈り物を選ぶのに苦労するものです。

一般に、物品を贈る場合、出産された方との関係性によって、どんな物を贈るべきか、ある程度の傾向が決まっています。

まず、出産された方の両親および祖父母からの贈り物。自分に孫やひ孫ができたということで、よろこびも大きく、いわば出産祝いの主役のような立場ですので、ベビーベッドやベビーカーといった高額かつ大きな物を贈る方が多いです。お宮参り用のドレスやお食い初め用の食器など、行事に使う道具を贈る方もいます。

兄弟および姉妹からの贈り物では、大きな贈り物は両親にまかせ、ベビー服や玩具、雑貨など、わりと普通の物を贈る傾向があります。ただし予算の相場は1万円から2万円ほどと、高めになっており、質の高い高級品がよく選ばれています。また、お互いに遠慮のない間柄ですので、本人になにがほしいかを聞いてしまうことも容易ですから、プレゼントで失敗することはあまりないでしょう。

友人の場合は、親しいながらもあくまで他人ということで、わりと自由に贈り物を選ぶことができます。お母さんの趣味に合わせたベビー服や玩具などがよく贈られますが、赤ちゃんにではなくお母さんに、ねぎらいの気持ちをこめてアクセサリーなどをプレゼントするケースも増えています。あまり高価な物は避けられるため、予算は3千円から1万円ほどと安めが一般的で、グループで購入する場合でも1万円程度に抑えるのが普通です。

会社の同僚など、仕事関係での知人からは、だれにでもよろこばれるような無難な贈り物がよく選ばれます。タオルや育児の消耗品など、いくつあってもうれしい道具が人気です。予算の相場も3千円から1万円ほどと、ひかえめになっています。

以上を参考に、ご自身と出産された方との関係性を踏まえた上で、贈り物を選ぶようにしましょう。たとえば、友人関係にすぎないのに、いきなりベビーベッドを贈るというようなことは、一般的におすすめできません。それは本来ご両親がプレゼントすべき特別な物だと考えて、遠慮したほうがよいというわけです。

また、意外と見落とされがちなのが、生まれたのが初めてのお子さんなのかどうかです。赤ちゃんに兄か姉がいれば、育児用品のおさがりがすでにある可能性が高いと言えますので、いくつあっても困らない消耗品が無難になるでしょう。ただし、上の子と性別が異なれば、赤ちゃんの性別に合った品物はよろこばれるでしょう。

なお、物を贈る際には、メッセージカードを添えるのがマナーです。出産を祝う文章を、自分の言葉で書きましょう。